Web接客とEFOの違い

EFO(Entry Form Optimization)は、
会員登録等のフォーム入力の離脱率低減を目的とした、Webサイトの改善手法です。
ここでは、Web接客とEFOの比較をまとめました。

EFO(Entry Form Optimization)は、会員登録等のフォーム入力の離脱率低減を目的とした、Webサイトの改善手法です。
ここでは、Web接客とEFOの比較をまとめました。

Web接客

EFO(エントリーフォーム最適化)

導入が進んだ背景
スマートフォン等の処理速度が向上し、Webサイトへのアクセス毎に、コンテンツをリアルタイムに出し分けることが可能になった
フィーチャーフォンが普及した時期に、モバイル経由のフォーム入力において、お客さまが離脱し易い傾向にあった
目的
コンバージョン率の改善と、それに伴う売上改善
フォーム入力時の離脱率抑制
やっていること
サイト訪問者一人ひとりに合わせて、バナーやモーダル等のコンテンツを出し分け
フォームの入力ボックス毎に、不足している情報をポップアップや色で知らせる
効果
ecコンシェルでは、導入前よりコンバージョン率が70%改善した事例も
効果が出るのは、住所入力等のお客さまが煩わしいと感じるフォームに限定される
コスト
Webサイトにタグ(プログラムの短いコード)を埋め込むだけ
Webサイトにタグ(プログラムの短いコード)を埋め込むだけ

Web接客

導入が進んだ背景
スマートフォン等の処理速度が向上し、Webサイトへのアクセス毎に、コンテンツをリアルタイムに出し分けることが可能になった
目的
コンバージョン率の改善と、それに伴う売上改善
やっていること
サイト訪問者一人ひとりに合わせて、バナーやモーダル等のコンテンツを出し分け
効果
ecコンシェルでは、導入前よりコンバージョン率が70%改善した事例も
コスト
Webサイトにタグ(プログラムの短いコード)を埋め込むだけ

EFO
(エントリーフォーム最適化)

導入が進んだ背景
フィーチャーフォンが普及した時期に、モバイル経由のフォーム入力において、お客さまが離脱し易い傾向にあった
目的
フォーム入力時の離脱率抑制
やっていること
フォームの入力ボックス毎に、不足している情報をポップアップや色で知らせる
効果
効果が出るのは、住所入力等のお客さまが煩わしいと感じるフォームに限定される
コスト
Webサイトにタグ(プログラムの短いコード)を埋め込むだけ

EFOはエントリーフォームの離脱防止に効果的。
フォーム以外のページの離脱率や直帰率の改善には、Web接客が有効です。

登録用メールを送信しました。
利用規約 に同意いただいた上で、利用登録へお進みください。
登録いただいたメールアドレス宛にユーザー情報登録用のメールが届きますのでご確認ください。
メールが届かなかった場合お問い合わせください。

ecコンシェルの資料をダウンロード

Web接客の「基礎知識」「業界別サイト改善」
をまとめた資料を無料進呈

'業界別にウェブ接客の事例や活用ノウハウをダウンロード資料としてまとめました。ecコンシェルは不動産、金融、旅行、人材、保険業界など、EC以外でも多くの企業に利用されているウェブ接客ツールです。