Web接客とLPOの違い

LPO(Landing Page Optimization)は、
集客するお客さまターゲット毎に、予め複数のページを用意し、コンバージョン率を向上させるWebサイトの改善手法です。
ここでは、Web接客とLPOの比較をまとめました。

LPO(Landing Page Optimization)は、集客するお客さまターゲット毎に、予め複数のページを用意し、コンバージョン率を向上させるWebサイトの改善手法です。
ここでは、Web接客とLPOの比較をまとめました。

Web接客

LPO(ランディングページ最適化)

導入が進んだ背景
スマートフォン等の処理速度が向上し、Webサイトへのアクセス毎に、コンテンツをリアルタイムに出し分けることが可能になった
各社のネット広告費が増加する中で、費用を効率化しながらコンバージョン数を確保する需要が高まった
目的
コンバージョン率の改善と、それに伴う売上改善
コンバージョン率の改善と、それに伴う売上改善
やっていること
サイト訪問者一人ひとりに合わせて、バナーやモーダル等のコンテンツを出し分け
施策のターゲット毎(すなわち媒体毎)に、専用のページの用意する、またはページ内コンテンツを出し分け
効果
ecコンシェルでは、導入前よりコンバージョン率が70%改善した事例も
特に単品通販での効果が高いと言われる
コスト
Webサイトにタグ(プログラムの短いコード)を埋め込むだけ
ターゲットセグメントごとやABテスト用に、ページを複数作成する必要あり

Web接客

導入が進んだ背景
スマートフォン等の処理速度が向上し、Webサイトへのアクセス毎に、コンテンツをリアルタイムに出し分けることが可能になった
目的
コンバージョン率の改善と、それに伴う売上改善
やっていること
サイト訪問者一人ひとりに合わせて、バナーやモーダル等のコンテンツを出し分け
効果
ecコンシェルでは、導入前よりコンバージョン率が70%改善した事例も
コスト
Webサイトにタグ(プログラムの短いコード)を埋め込むだけ

LPO
(ランディングページ最適化)

導入が進んだ背景
各社のネット広告費が増加する中で、費用を効率化しながらコンバージョン数を確保する需要が高まった
目的
コンバージョン率の改善と、それに伴う売上改善
やっていること
施策のターゲット毎(すなわち媒体毎)に、専用のページの用意する、またはページ内コンテンツを出し分け
効果
特に単品通販での効果が高いと言われる
コスト
ターゲットセグメントごとやABテスト用に、ページを複数作成する必要あり

Web接客とLPOは似て非なるもの。
LPOはシステム対応に時間が掛かる一方、Web接客はクイックに導入できるメリットがあります。

登録用メールを送信しました。
利用規約 に同意いただいた上で、利用登録へお進みください。
登録いただいたメールアドレス宛にユーザー情報登録用のメールが届きますのでご確認ください。
メールが届かなかった場合お問い合わせください。

ecコンシェルの資料をダウンロード

Web接客の「基礎知識」「業界別サイト改善」
をまとめた資料を無料進呈

'業界別にウェブ接客の事例や活用ノウハウをダウンロード資料としてまとめました。ecコンシェルは不動産、金融、旅行、人材、保険業界など、EC以外でも多くの企業に利用されているウェブ接客ツールです。